おでこの産毛はどこまで処理するべき?

おでこの産毛を気にする女性の写真

 

おでこの産毛は脱毛に積極的な人でも優先順位は低いかもしれません。「普段は前髪で隠しているからバレないし大丈夫!」なんて思っている人もいると思いますが、油断しているとふとした瞬間におでこが露わになってしまうこともあります。

 

例えば、強風や雨に濡れてしまって前髪が乱れてしまったり、美容院などで前髪を上げられたり、ふとした時におでこが見られるなんてことが。

 

そのときにムダ毛を処理していないせいで、黒ずんで見えて印象が悪くなったりすることもあるので万が一に備えておでこの産毛もちゃんと処理しておくことは大事なことです。

 

処理する時の注意点

おでこの産毛を処理する時には注意しなければならないところがあります。それはギリギリまで剃り過ぎないということ。

 

おでこは髪の毛に近い部分になるので、あまり髪の毛の生え際をギリギリまで剃ってしまうと不自然な仕上がりになってしまうのですね。

 

 

なので、生え際ギリギリまで剃るのではなく1cmくらいは余裕を残しておくのが大事なポイントになります。また、おでこの産毛だけでなくて眉毛を剃るときも1cmくらいは残しておいた方がいいですね。

 

 

実際に測ってまで整えるのは面倒ですので、だいたい生え際から指1本分くらいは余裕を持たせると覚えておくと大きな失敗を避けることができるでしょう。

 

おでこの産毛は一度処理すると生えてくるまで時間がかかるので、脱毛しすぎないことも大事ですよ。

剃ると濃くなる噂は本当なの?

噂話をする女の子

産毛に限らず毛を剃ると余計に濃くなるというのは昔からよく言われています。ですが、毛を剃ったからと言って毛が濃くなるということはありません。

 

正確に言うのなら、毛が一時的に濃く見えるというのが一般的な見解とされていますね。

 

毛は根元から先端に向かって細くなっているのですが、剃ることによって毛の断面が広くなってしまうので濃く見えてしまうのです。

 

時間が経てば毛が濃くなることなんて気にならなくなりますから、ムダ毛が気になった時はしっかりと脱毛するようにしましょう。

剃った後のジョリジョリを回避する方法

産毛を処理した後でおでこを触ってみると、剃った部分がジョリジョリしていて気持ち悪いことがあります。それを避けるためには、カミソリを使って剃らないというのが大事になりますよ。

 

カミソリを使ってしまうとどうしても力加減が難しくて、上手く剃れないのですね。

 

そういった時におすすめなのがフローレス。産毛専用の電動シェーバーであると同時に、力を入れなくても脱毛ができるのでお肌に優しく産毛処理ができますよ。

 

もちろん、剃った後にジョリジョリする感じがありませんし、すごく適したアイテムとなっていますよ。今なら30日間の返品返金保証の特典がついていますし、一度試してみるのもいいかもしれません。

産毛がある方がかわいいの?

実は「おでこの産毛はあった方が絶対かわいい!」と思っている人も少なくありません。例えば、女優の今田美桜さんはおでこを出して産毛を特に処理していなくて、それがかわいいと評判になっています。

 

おでこの産毛が生えているとかわいく見えるのは、どこか幼く見える部分が関係しています。赤ちゃんだったり小さい子は髪の毛も柔らかく、産毛が生えているイメージも強いですが、そういった幼さを感じられるのでかわいく思えるのですね。

 

 

けれども、それはあくまでも子供に限った話です。やはり大人はある程度お手入れをしておいた方が相手に与える印象は良くなりますよ。

 

おでこの産毛が生えている大人なのにかわいいのは、その人がかわいいというのがベースにあるからで、一部の方を除いてはしっかりと処理をしておいた方がいいでしょう。