おでこの産毛の処理は大事!

おでこ 産毛

 

おでこの産毛は脱毛に積極的な人でも優先順位は低いかもしれません。「普段は前髪で隠しているからバレないし大丈夫!」なんて思っている人もいると思いますが、油断しているとふとした瞬間におでこが露わになってしまうこともありますよ。

 

例えば、強風や雨に濡れてしまって前髪が乱れてしまったり、美容院や合コンのゲームで前髪を上げられたり、ふとした時におでこが見られるなんてことがあるのですよね。そのときにムダ毛を処理していないせいで、黒ずんでみえたり印象が悪くなったりすることもあるので万が一に備えておでこの産毛もちゃんと処理しておくことは大事ですよ。

 

おでこの産毛も処理するのは面倒に思えますが、フローレスシェーバーを使えば気軽に処理できるから、口周りや頬だけでなくおでこもついでに処理して顔全体の印象を明かるく保っておきましょう。

 

顔の印象を良くしておくためにはしっかりとおでこの産毛も処理しておいた方がいいですよ。

 

それにわざわざ脱毛サロンに行かなくても、おでこの産毛はそんなに伸びるスピードもそんなに早くはありませんから、一度処理してしまえば他の伸びやすい部分と比較しても頻繁に処理するということはありませんよ。なので、時間があるときにおでこの産毛を処理してみてください。

おでこの産毛を処理する注意点

おでこの産毛も油断せずに処理していきたいところですが、おでこの産毛を処理するときは他の部分の産毛を処理するのと比較して注意しなければならないところがあります。

 

というのもおでこは髪の毛に近い部分になるので、あまり髪の毛の生え際をギリギリまで剃ってしまうと不自然な仕上がりになってしまうのですね。なので、生え際ギリギリまで剃るのではなく1cmくらいは余裕を残しておくのが大事ですよ。

 

毛が生えている部分の近くを剃るときはキワキワまで処理するとどうしても不自然になってしまうので、おでこの産毛だけでなくて眉毛を剃るときも1cmくらいは残しておいた方がいいですね。

 

処理するけれども、剃り過ぎないということで言えば、カミソリなど刃を当てて処理するよりもフローレスシェーバーのように刃が直接当たらないタイプの方がキワキワまで剃れないので向いているかもしれません。

 

剃り過ぎてしまうのが心配という方でもフローレスシェーバーなら安心ですね。毛が濃い人やキレイな顔を保ちたいという方は使ってみてください。